• トップページ
  • ACTECの概要
  • 事業内容
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

共同研究

 アップサイクルブロック研究会

アップサイクルブロックとは

 アップサイクルブロックは、災害廃棄物のうち、リサイクルできない混合廃棄物(以下、がれき残渣(ざんさ))を有効活用した建設資材です(図-1)。
防潮堤や防潮林、避難高台、道路などの盛土材料として利用することで、がれき残渣の最終処分量を減少させるとともに、被災地の早期復興を図ります(図-2)

図-1 アップサイクルブロックの概要

図-2 アップサイクルブロックの適用イメージ


アップサイクルブロックのメリット

1.がれきの最終処分量を削減できます
 逼迫(ひっぱく)している既設最終処分場の残存容量への負担を軽減できます。
2.コストを削減できます
 がれき残渣を最終処分場に埋め立てる場合と比べてコストを10%程度削減できます。
 最終処分場の拡張や新設に要するコストを削減できます。
3.環境に安全な建設資材です
 がれき残渣に、万一、重金属などの有害物質が混入していても、アップサイクルブロックからの溶出はありません。
4.要求品質を満足する建設資材です
 用途に応じた品質基準(強度、出来形)を満足する建設資材として供給できます。
 発生地域によって異なるがれき残渣の特性に応じてアップサイクルブロックを製作できます。

研究会の取り組み

 本技術は、一般財団法人先端建設技術センター,株式会社大林組,鹿島建設株式会社,株式会社熊谷組,清水建設株式会社,大成建設株式会社の6者で開発したものです(図-3)。
 当技術開発の一部は、平成23年度補正予算 建設技術研究開発助成制度(震災対応型技術開発公募)による補助金を受けて実施しました。
 平成26年2月(一財)国土技術研究センターより建設審査証明事業を取得しました(技審証第35号)。技術審査結果は次の通りです。
(1)土の置き換え材として適用可能な圧縮強度を有することが確認された。
(2)長期耐久性を有することが確認された。
(3)有害物質(重金属等)の溶出抑制効果があることが確認された。

図-3 開発体制